» 2016 » 3月のブログ記事

信号のない交差点や踏切、雨や雪の中、山間部の走行などにおいて、前の車が停止したり徐行したりすることはよくありますし、特に踏切でこれをやらないと違反となってしまいます。また、徐行することは事故を避ける意味では当然なので、自分なら徐行しないとか、一時停止せず徐行程度でいくとか、自分のルールを持ちこんではいけません。結果的に、こうした油断が衝突事故を招いてしまうのです。後ろからぶつけられるタイプの事故の多くは、何かしていて前の車をよく見ていなかったか、後ろの車のことを考えずに身勝手な走行をしたかのいずれかです。

特に、踏切などでの運転の注意点として、常に前を見て走行することが一番効果的だと考えられます。一方、前の車が発進したのを見ずについついカーナビなどを操作していて、行くと思いこんでいた後ろの車から追突されることも出てきます。こうした事故も、しっかり前の車を見ていれば防げるのです。大事なことは、自分ならこうするということではなく、一般的な常識として、このシチュエーションなら安全運転に務め、徐行するのが当然と思うことです。自分を捨てて、一般的な運転ルールに沿った運転を心掛ければ事故を防ぐことはできます。

車両横断禁止の標識があるところでは道路に面した場所に右へ入る事を禁止しています。この標識は右折禁止の標識と間違えやすいですが、違いは曲がった先が施設などの道路でない場所だと車両横断禁止となり、右折した先が道路であった場合に右折禁止となります。
車両横断禁止の標識は交差点の右折も禁止になっているようなマークであるため右折禁止である印象を持ちやすいですが、右折は出来ます。つまり進行方向の右側に道路があれば、そのまま右折して進めるという事になります。
また、転回禁止場所の標識がある場所ではUターン出来ないです。Uターン出来ない場所ならば、左にスペースがあれば、車を回して反対車線へ出るスイッチターンをすれば大丈夫に思えますが、転回禁止場所ではスイッチターンも禁止されているので注意が必要です。つまりこの標識があって道路の左側に自宅の車庫がある場合に、車を車庫入れして次に出る場合に、車を右に出してはいけないという事です。
けれど、車両横断禁止場所や転回禁止場所でも、運転者の後退については禁止されていません。こうした標識がある場所では後続車がある場合もありますので、シッカリと安全を確認するようにしましょう。

道路交通法で黄の線は、車両がこの線を越えての通行はできず、追い越しも出来ない表示を意味します。そして黄の線を越えて進路を変えてはいけない理由は、周囲の道路が障害物で見通しが悪い状況での追い越しを禁止する事で、対向車線の車両との接触事故を防いだり、進路変更によって車の交通を区分して接触事故を防いだりする事にあります。
日本では、運転時のこうした黄色の車両通行帯に比較的曖昧さを残した意味と捉えられていますが、海外の西洋諸国の場合、その上を走ったり、触れたりする事も禁止されており、さらに越える事は許されません。もしそれを破った場合に支払う額は日本より厳しい罰則が課せられます。日本では普通車で6000円の罰金となっています。これはスピード違反で15km/hオーバーした時の罰金が9000円である事と比較すると、軽い罰金と言えます。西洋諸国、例えばドイツでは車両通行帯に触れるだけで、30km/hオーバーのスピード違反と同等の罰金を払う必要が出てくる事でも、罰則の価値基準が異なるのが分かります。
こうした黄の線の進路変更や追い越しは基本的に禁止されているが、例外もあります。緊急自動車に進路を譲ったり、元の車線に戻る場合と道路工事や道路の損壊で通行できない場合です。この場合は、黄の線でも車線変更が可能となります。
西洋諸国ほどでないにせよ、黄の線の持つ意味を日本人も考えた方が良いのかもしれません。

進路変更は車を運転するうえで必要になってくる動作ですが、安全確認を怠ると直接事故にかかわってくる危険性もあります。そのため道路交通法では意味のない、つまりみだりに進路変更をすることを禁止しています。
この動作を行うことの危険性は安全確認箇所が多いことに起因します。走行中に後方やとなり車線の確認をする以前に自分の車線の前方の安全確保をしておかないと追突事故が発生します。しかし、後方の確認をおろそかにしたまま進路変更を実行すると追突される危険があります。変更後の前方も把握しておかなければ、ここでも追突してしまうかもしれません。
また、別車線などに移って追い越しすることもありますが、追い越しにかかる距離は速度差が時速20キロあったとしても数百メートル必要であり、想像以上に多くの距離を走行しなければなりません。この走行距離中に予想外の進入車両があると事故はより発生しやすくなります。
このように、進路変更は動作そのものが多くの事故発生原因を作り出してしまいます。それほど危険な行為はできうる限りしてはならないために、みだりに実行することは道路交通法でも禁止されています。なにより事故を発生させないようにするためには重要なことです。

進路変更の方法とは

| 未分類 |

進路変更とは、進行方向をそのままに一定の角度をつけて車線などを変更することをいいます。この運転方法は2車線以上の道路で車線変更したり、自転車や駐車車両を追い越すときなどで必要になります。
進路変更する場合、まずは変更先の車線や位置に車両などの障害がないか、後方からの進入車両がいないかなどの安全確認をバックミラーやサイドミラーなどで行います。このとき、横や後ろだけでなく進入する場所の前方にも注意しなければ追突などの事故が発生する可能性があります。
安全の確認が完了したら道路交通法上では進入する3秒前に進入する向きにウインカーなどで表示しなければなりません。ただし、運転中に3秒間を計測することはできませんので、安全確認が終わったら早めのウインカーを意識しておけば基本的に問題ありません。
そして、常に周囲の状況を把握しながら進路変更を行います。ここで、ウインカーは動作が完了するまで表示しておかなければなりません。また、一連の動作が完了したらウインカーの切り忘れないよう気を付けなければなりません。
一連の動作は素早くこなさなければなりませんが、事故の多い運転方法でもあるため視界不良時などの無理な条件下で進路変更をすることは絶対に避けなければなりません。

主に山間部などで車を走らせていると、警笛鳴らせという標識がいくつも立っています。警音器、いわゆるクラクションを鳴らす合図となり、その標識を見て、ドライバーはクラクションを鳴らすことになります。街中でクラクションを多用しながら運転する機会はそこまでありませんし、なるべく鳴らさないように求められています。ただ、山間部では例外です。

山間部の道路は道が入り組んでおり、カーブが連続し、見通しがよくないところが多くあります。仮に、クラクションを鳴らさないまま運転したら、カーブのところで対向車と正面衝突しかねません。そのため、クラクションを鳴らすことで、今山道を走っていることを対向車に意識させたり、またそれを感じ取り、事故を未然に防ぐようにしています。警笛区間と呼ばれるところでは、クラクションを何度も鳴らして走行することになりますが、こうした区間はそれほど危険なところでもあるので、必ずクラクションを何度も鳴らすようにし、さらに慎重な運転を心掛け、対向車が来ることを前提とした行動を取るようにしましょう。

初めて山間部を走る人からしたら怖いかもしれませんが、慎重に運転していれば大丈夫です。あとは、標識に書かれていることを守り、交通安全に務めてみましょう。

車で走行しているときには、必要に応じてトラブルを回避したり問題に直面することがあります。方向指示器が使えない場合には、手信号で相手に合図を送らなければいけません。また、通常であれば交差点に差し掛かる30メートル手前から行うのが常識です。右折をするときや左折をするときにはしっかりと方向指示器を出しましょう。曲がり終えたらもとに戻しておかないとほかの車が勘違いしてしまいます。交差点に進入するときには歩行者や自転車がいることもあるので、しっかりと徐行を行いましょう。急カーブをするのではなく、速度をおとしてから曲がるのです。

進路変更をするとき意外にも転回するときにも方向指示器を出します。スピードを落として安全を確認したあとに方向指示器をだして、転回を行います。後ろに後続車がいる場合には十分な車間距離があることを確認してから行動しましょう。手信号で合図を行うときにも左折や右折や徐行のときには合図が必要になってきます。しっかりと覚えておかないと道路交通法に違反することになるので注意が必要です。車に乗る前には、しっかりと確認をしておきましょう。自転車で走行するときにも場合によっては手信号が必要です。

安全確認の方法とは

| 未分類 |

運転をしていると進路変更や右左折が必要になることがありますが、安全の為にも周囲の確認をしながら行動する必要があります。
安全確認の順番としては、まずルームミラーで後方確認を行い、追い越しなどをしてくる車がいないかをチェックします。
続いてドアミラーでサイドの状況も確認してみましょう。その際にも追い越しや接近してくる車の存在の有無をよく確認します。
安全確認ができたら合図としてウィンカーを出しますが、ウィンカーを出してからすぐに動くのではなく、目視によってチェックすることも忘れてはいけません。ルームミラーやドアミラーでは確認することができない死角がありますが、死角を確認する為には直接チェックするしかありませんので、必ず自分の目で安全確認をしてから移動することが大切です。また、その際には目だけを動かすのではなく、頭ごと動かして確認するようにしましょう。そして安全を確認できたら緩やかに進路変更を行っていきます。
こういった一連の確認作業を安全に行う為には車間距離を十分に空けておくことが大切です。また、ルームミラーなどを確認する際には、前方の様子もしっかりと意識しつつ後方などの確認を行うのが基本です。

安全の確認手順とは

| 未分類 |

道路で安心して車を走らせる為に必要な私たちの行為としては、とにかく周囲の状況に気を配る事なのではないでしょうか。いつの間にか他の車が自分の車近くにいて怖い思いをしたり、自転車や歩行者とぶつかりそうになった経験を持つドライバーは、かなり多くいるものと考えられます。もしかしたら、みなさんもその中の一人としてこのような経験をされているのかも知れません。それだけ、どのドライバーにもこのような経験は多かれ少なかれ、していくものだと言えるでしょう。周囲の状況を把握できていない場合は、交通事故に直結するかも知れませんので、車の運転中は絶対に気を抜いてはいけません。そうならないようにする為に、ミラーや目視を利用して周囲のチェックを怠らないようにする事がコツです。しかし、このような事が大切だとは分かっていても、車を実際に走らせながらミラーを見たり、或いは振り返る目視をする事がかなり難しいと感じているドライバーも多いように思えます。確かにそれはその通りで、車はとにかくスピードを出しながら前に進み続けている訳ですから、周囲のチェックは一つ間違えば脇見運転にもなりかねません。チェックしにくい場合は、速度を確実に落としながらする事がお勧めです。

車は非常に便利で、思い立ったら何時でもどこでも好きな場所へ行けます。重い荷物が必要な時にも、いくらでも載せて行けます。何か所も周らないといけないような場合でも、時間の短縮が図れます。しかし運転をする人はひとたびハンドルを握れば、命に関わる危険性もあることをしっかり認識する責任もあります。どんな状況においても安全確認を怠ってはいけません。商店街のような人通りが多い所では、何時飛び出しがあるか予想できないので、常に全体を見回しながら徐行をする必要があります。横断歩道で赤信号に変わった直後でも、サイドミラーのちょうど死角になるところから急に自転車が突っ込んでくることもあるので要注意です。走行中の車が急に割り込みを掛けてくるのを見越して、車間距離も取って走ると安心です。狭い道路で横に自転車が走っていると、歩道へ避けてくれればよいのに追い越すに越せないとイライラ感がピークに達し、警音器を鳴らしたくもなりますが、お年寄りで心臓も弱い人だとびっくりして車の方へよろける事もあり得るので、ここは慎重を要します。山道で一方が横へ寄らないと通過できない時には、出合い頭の衝突がないようゆっくりの走行を保つのがベターです。色々な危険を孕みますが、それでもなおカーライフは様々な利点を擁します。気を付けて楽しみましょう。

最近の投稿