車で走行しているときには、必要に応じてトラブルを回避したり問題に直面することがあります。方向指示器が使えない場合には、手信号で相手に合図を送らなければいけません。また、通常であれば交差点に差し掛かる30メートル手前から行うのが常識です。右折をするときや左折をするときにはしっかりと方向指示器を出しましょう。曲がり終えたらもとに戻しておかないとほかの車が勘違いしてしまいます。交差点に進入するときには歩行者や自転車がいることもあるので、しっかりと徐行を行いましょう。急カーブをするのではなく、速度をおとしてから曲がるのです。

進路変更をするとき意外にも転回するときにも方向指示器を出します。スピードを落として安全を確認したあとに方向指示器をだして、転回を行います。後ろに後続車がいる場合には十分な車間距離があることを確認してから行動しましょう。手信号で合図を行うときにも左折や右折や徐行のときには合図が必要になってきます。しっかりと覚えておかないと道路交通法に違反することになるので注意が必要です。車に乗る前には、しっかりと確認をしておきましょう。自転車で走行するときにも場合によっては手信号が必要です。

最近の投稿