安全確認の方法とは

| 未分類 |

運転をしていると進路変更や右左折が必要になることがありますが、安全の為にも周囲の確認をしながら行動する必要があります。
安全確認の順番としては、まずルームミラーで後方確認を行い、追い越しなどをしてくる車がいないかをチェックします。
続いてドアミラーでサイドの状況も確認してみましょう。その際にも追い越しや接近してくる車の存在の有無をよく確認します。
安全確認ができたら合図としてウィンカーを出しますが、ウィンカーを出してからすぐに動くのではなく、目視によってチェックすることも忘れてはいけません。ルームミラーやドアミラーでは確認することができない死角がありますが、死角を確認する為には直接チェックするしかありませんので、必ず自分の目で安全確認をしてから移動することが大切です。また、その際には目だけを動かすのではなく、頭ごと動かして確認するようにしましょう。そして安全を確認できたら緩やかに進路変更を行っていきます。
こういった一連の確認作業を安全に行う為には車間距離を十分に空けておくことが大切です。また、ルームミラーなどを確認する際には、前方の様子もしっかりと意識しつつ後方などの確認を行うのが基本です。

最近の投稿