車は非常に便利で、思い立ったら何時でもどこでも好きな場所へ行けます。重い荷物が必要な時にも、いくらでも載せて行けます。何か所も周らないといけないような場合でも、時間の短縮が図れます。しかし運転をする人はひとたびハンドルを握れば、命に関わる危険性もあることをしっかり認識する責任もあります。どんな状況においても安全確認を怠ってはいけません。商店街のような人通りが多い所では、何時飛び出しがあるか予想できないので、常に全体を見回しながら徐行をする必要があります。横断歩道で赤信号に変わった直後でも、サイドミラーのちょうど死角になるところから急に自転車が突っ込んでくることもあるので要注意です。走行中の車が急に割り込みを掛けてくるのを見越して、車間距離も取って走ると安心です。狭い道路で横に自転車が走っていると、歩道へ避けてくれればよいのに追い越すに越せないとイライラ感がピークに達し、警音器を鳴らしたくもなりますが、お年寄りで心臓も弱い人だとびっくりして車の方へよろける事もあり得るので、ここは慎重を要します。山道で一方が横へ寄らないと通過できない時には、出合い頭の衝突がないようゆっくりの走行を保つのがベターです。色々な危険を孕みますが、それでもなおカーライフは様々な利点を擁します。気を付けて楽しみましょう。

最近の投稿