AT警告灯のトラブル

| 未分類 |

最近は商業用のMT車以外は、家庭にあるほとんどの自動車はAT車を採用しています。AT車のメリットは、クラッチの変換を自動的に行なってくれるシステムで、基本的にアクセルとブレーキだけで済むので運転しやすい特長があります。

最近の自動車は安心・安全・快適に走行を行なうため、もし電気系統やエンジン系統などでトラブルが起きた場合、事前にそれを知らせてくれる警告灯が充実しています。なかでもAT警告灯は、ATフルードがオーバーヒートなどを起こしている時の警告として表示されるものです。

具体的な症状としては発進と停止もしにくい状態となり、変速を自動的に行なうのですが、その際のショックや振動もきつくなります。またエンジンの回転数なども安定しないケースもあります。

主な原因としてはバルブトロニックの制御ユニットやDSCのコントロールユニット、ATのシフトセンサーなどがエンジンと同期が取れていないことによる症状です。たまにバッテリーが上がる状態でも点灯されることもあります。

なおその対処法としては、ボンネットを開けて警告灯が消えるまで冷却するのが基本的な対処法となります。一度消えてもまた即座に警告灯が点灯する場合も多く、重大な原因もあるので、速やかに販売店などに診断を行なってもらうことが必要です。

最近の投稿