自動車には車の形状によっていくつかの種類があります。一般的なのはセダンタイプです。セダンタイプはトランクがあることが最大の特徴です。荷物のスペースと乗員のスペースが区切られているため安全面で効果がとても高いといわれています。セダンの他に多くの車で採用されてきているのがハッチバッククーペです。ハッチバックはトランクと乗員のスペースが一緒になっています。そのため、荷物が多い場合や長い場合には後部座席を倒すことで荷物スペースを増やすことができると人気です。また、ハッチバックにはクーペタイプとセダンタイプがあり、スポーツカーを中心にクーペタイプが多く設定されています。クーペタイプは後部乗員スペースが少ないのですが、車の走行性能が向上し、また、ハンドリング性能が特に良くなると言われています。ハッチバックタイプは若者を中心に選択する方が増えていますが、クーペタイプではなく、ワンボックスタイプなど、より人が乗れて、荷物が取り出しやすい車両が好まれる傾向があります。しかし、年配者を中心にスポーツカー人気が復活してきていることもあり、クーペタイプ、特にハッチバックのクーペタイプが見直されてきており、各メーカーで開発が進んできています。

最近の投稿