自動車を運転しているときに、警告灯が付いていることがあります。
この蛍光灯の意味を理解せず、そのまま走行を続けていれば、ドライバーはもちろんのこと周囲の人間にも被害が及ぶ危険があるので、すみやかに対処しなければいけません。
警告灯で危険を知らしているものはブレーキや、油圧、エンジン、燃料などがあります。
最も気をつけなければいけないブレーキ警告灯の場合には、まずパーキングブレーキを解除していない操作ミスの可能性があります。
そこを確認して、解除していればブレーキの部品が摩耗していたり、液漏れしている可能性があります。
素人が修理をする事ができませんし、止まることが出来ない車と言うのは紛れも無く紛れも無く凶器ですから、すみやかに停車して、自動車を購入した販売店に連絡をすることです。
レッカーで修理工場に運んでもらい、不具合のある箇所を調べてもらいます。
同様に油圧や充電の警告灯も停車して修理工場で点検をしてもらうことが最善です。
半ドアやシートベルトの蛍光灯が付いている場合には、車体に異常があるわけではなく、運転手や同乗者のミスですから、正しい操作をして警告灯を消せば問題ありません。
燃料は、最寄りのガソリンスタンドに言ってガソリンを補給すれば大丈夫です。
EV車の場合にはバッテリー残量の表示もありますが、それも充電施設で充電すれば表示は消えます。

最近の投稿