子供が生まれ、家族が増えたなら、子育ての方法を勉強するのはとても大切なことですが、車への乗せ方についても知識を得ておくのが、親としての義務です。
小さなお子さんは、車の安全性や危険性など理解できず、寝たい時に寝て、泣きたい時には泣く、暴れる時には手足をばたつかせて暴れまわるものです。この状態ではとてもではありませんが、安全な運転ができなくなりますので、必ずチャイルドシートで、大切なわが子の命を守るとともに、車内を動きまわらないよう、しっかりと固定してあげましょう。


うちの子はいつでもおとなしくしているからチャイルドシートなどいらない、という意見は通用しません。法律によって6歳未満のお子さんが車に乗る時には、必ずチャイルドシートに乗せるようにと義務付けられています。
但し、チャイルドシートが座席にきちんと固定されていなければ、何も意味をなしません。チャイルドシートの取扱説明書をよく読み、その指示に従って、丁寧に取り付け作業を行いましょう。
また、助手席にチャイルドシートを取り付けるのは危険です。万が一の事故の時に、エアバッグの衝撃で、怪我をする可能性があるからです。チャイルドシートはリアシートに取り付けるのが安全です。

最近の投稿