車両横断禁止の標識があるところでは道路に面した場所に右へ入る事を禁止しています。この標識は右折禁止の標識と間違えやすいですが、違いは曲がった先が施設などの道路でない場所だと車両横断禁止となり、右折した先が道路であった場合に右折禁止となります。
車両横断禁止の標識は交差点の右折も禁止になっているようなマークであるため右折禁止である印象を持ちやすいですが、右折は出来ます。つまり進行方向の右側に道路があれば、そのまま右折して進めるという事になります。
また、転回禁止場所の標識がある場所ではUターン出来ないです。Uターン出来ない場所ならば、左にスペースがあれば、車を回して反対車線へ出るスイッチターンをすれば大丈夫に思えますが、転回禁止場所ではスイッチターンも禁止されているので注意が必要です。つまりこの標識があって道路の左側に自宅の車庫がある場合に、車を車庫入れして次に出る場合に、車を右に出してはいけないという事です。
けれど、車両横断禁止場所や転回禁止場所でも、運転者の後退については禁止されていません。こうした標識がある場所では後続車がある場合もありますので、シッカリと安全を確認するようにしましょう。

最近の投稿