新品のパワーステアリングフルードは透明に近い飴色または赤色をしています。劣化が進むと、黒ずんできます。高い温度のにさらされるエンジンオイルとは違って、真っ黒になることはありません。もし真っ黒になっているほど使っていたら交換が必要になります。パワーステアリングにフルードの漏れがあると、ハンドルの操作時の異音、やハンドルが重くなるなどの症状が現れます。万一フルードが漏れ出した場合は、すぐにパワーステアリングのパッキンもしくは、パワーステアリング交換の点検が必要になります。こまめな点検が大切です。フルードの交換タイミングは、一般的には、5㎞以上10万㎞以内に一回が目安になります。車の購入から売却までに1回という感じになります。ご自分での整備が不安な方は、ディーラーに整備してもらうことをお勧めします。パワーステアリングの動作機構はそんなに頻繁に整備することは、ないですが、パッキン関係の保護のためにも早めの点検が必要です。また運転される状況にも左右され、街中に右左折が頻繁に繰り返されるような運転の場合は早く劣化します。高速道路などの、連続した直進走行が、主体ならば、劣化の進行も抑えられていきます。

最近の投稿