大切なわが子の命を守るために設置するチャイルドシートは正しい使い方をしなければ、いざと言う時に命を守る事ができないだけでなく、かえって子供の命を危険にさらす事になりかねません。


最近では、子供の姿がよく見えるようになどと言った理由で、助手席に設置する人の姿も見られますが、助手席にはエアバックが設置されているため、大変危険です。そもそもエアバックは大人を衝撃から守る事を前提に作られていますので、子供には耐えられない衝撃が加わることになります。せっかく取り付けたシートが飛ばされてしまったり、重大な障害につながる恐れがあります。
一方、リヤシートに設置すると、正面からのガラスの飛び散りからも守れるだけでなく、運転席側に取り付ければ、更に安全になります。運転者はとっさの時に、自然と自分の身を危険から遠ざけようとします。この事からリヤシートの中でも運転席の後ろが最も安全と言われています。
人によって生活スタイルは様々なので、必ずベストポディションに取り付ける事が可能ではないかもしれませんが、一番優先にしたいのは子供の安全なので、その事を念頭におきながら安全を確保して活用して行く事が大切になってきます。

最近の投稿