進路変更の方法とは

| 未分類 |

進路変更とは、進行方向をそのままに一定の角度をつけて車線などを変更することをいいます。この運転方法は2車線以上の道路で車線変更したり、自転車や駐車車両を追い越すときなどで必要になります。
進路変更する場合、まずは変更先の車線や位置に車両などの障害がないか、後方からの進入車両がいないかなどの安全確認をバックミラーやサイドミラーなどで行います。このとき、横や後ろだけでなく進入する場所の前方にも注意しなければ追突などの事故が発生する可能性があります。
安全の確認が完了したら道路交通法上では進入する3秒前に進入する向きにウインカーなどで表示しなければなりません。ただし、運転中に3秒間を計測することはできませんので、安全確認が終わったら早めのウインカーを意識しておけば基本的に問題ありません。
そして、常に周囲の状況を把握しながら進路変更を行います。ここで、ウインカーは動作が完了するまで表示しておかなければなりません。また、一連の動作が完了したらウインカーの切り忘れないよう気を付けなければなりません。
一連の動作は素早くこなさなければなりませんが、事故の多い運転方法でもあるため視界不良時などの無理な条件下で進路変更をすることは絶対に避けなければなりません。

最近の投稿