鍛造とは

| 未分類 |

鍛造(たんぞう)とは金属の加工方法の一種で、ハンマーやプレス機などを用いて金属に圧力をかけ、金属内部にある隙間をなくして結晶を小さくし、強度を高めながら目的の形に成形していく方法です。タイヤのホイールの場合、アルミニウムの塊をプレスする方法や、鋳造(ちゅうぞう)のように融けたアルミニウムを型に流し込み、型の中で固まる前にプレス機で圧力をかける方法など様々な製造方法があります。型に流し込んで固めるだけの鋳造と違って圧力をかけるため、強度が高く、軽いホイールが作れるというメリットがあり、鍛造ホイールを使うことでバネ下重量を軽量化し、燃費や走行性能を向上させることが可能です。しかし、そのぶん製造に手間がかかるため価格が高くなり、圧力をかけるという製造方法であるためデザインの自由度が低いというデメリットもあります。最近では技術の進歩によって従来よりも安く、デザイン性の高いものを製造できるようになっており、一部の高級車には純正装着され始めていますが、やはり鋳造に比べるとコストが高いことに変わりはありません。この製造コストの高さは製造側だけでなく消費者側の購買意欲にも大きな影響を及ぼすため、市販のホイールのほとんどは安くデザインの自由度が高い鋳造で作られています。

最近の投稿