低公害車(エコカー)とは一般に燃費の良い車のことを言います。現在低公害車の種類は大きく4つに分類することができます。一つ目は電気自動車です。バッテリーでモーターを動かして走ります。バッテリーが無くなれば充電します。この充電にかかる費用はガソリンよりはるかに格安になります。電気自動車の価格は日産リーフで300万円~400万円です。

二つ目はハイブリッドカーです。ガソリンをメインの動力とし、モーターを補助として使います。価格はプリウスで250万円前後、小型のアクアやフィットが180万円前後です。またハイブリッドカーには特別なプラグインハイブリッドカーというのもあります。これは最初は電気自動車として走り、バッテリーが無くなるとハイブリッドカーとして走る車で、プラグインハイブリッドのプリウスで300万円します。

三つ目はクリーンディーゼル車です。ヨーロッパ車やマツダ車がクリーンディーゼルに積極的です。アクセラ・クリーンディーゼルは280万円前後し、アクセラ・ハイブリッドよりも高額になります。さらに四つ目に通常のガソリンエンジンでありながら、非常に燃費の良い車です。第三のエコと呼ばれたりもします。価格は普通のガソリン車と同じですので、最も格安になります。

最近の投稿