鋳造とは

| 未分類 |

鋳造(ちゅうぞう)とは、主に鉄やアルミ、銅などの金属を高い温度で熱して液体状にして、鋳型(いがた)と呼ばれる型に流し込み、冷やして固めることで目的の形に加工する方法のことです。自動車のホイールの場合は、素材が柔らかくデザインの自由度が高いことや、錆びにくいことからアルミニウムが素材として使われています。溶かしたアルミを型に流すだけで作れるため大量生産が可能で価格を安くすることができるため、現在市販されているホイールのほとんどは鋳造で作られたものです。もう1つの製法は鍛造(たんぞう)と呼ばれ、アルミの塊や溶かして型の中に流し込んだアルミにプレス機で圧力をかけて成形します。鋳造の場合、金属組織に圧力を加えない製法のため、組織の密度が低くなり強度が下がります。そのため、強度を保つ為にホイールを厚くする必要があり、どうしてもホイール自体が重くなってしまいます。製品によっては鉄と比べても重くなってしまうことがあり、ホイールが重くなることでバネ下重量が重くなり、燃費や走行性能に悪影響を及ぼす場合があります。そのため、鋳造のホイールは走行性能や燃費の向上といった目的ではなく、ドレスアップ目的での使用がほとんどになります。

最近の投稿