ウエルとは

| 未分類 |

ウエルとは、タイヤのホイールのうち、タイヤを車に装着し保持するためのリムという部分の中で、一番くぼんでいる部分のことです。標準的なホイールでは、横から見たときに中心よりも表側に近い部分にあります。外見上は一定の深さと幅を持った溝で、タイヤを着脱しやすくするために設けられています。別名でドロップと呼ばれることもあります。
重要な部分ではあるのですが、タイヤの付け替えを自分でする人でもない限り、ほとんどの人は普段の生活の中で意識することはまずありません。しかし、このウエルがあることでタイヤ気室内のエアボリュームが増すため、走行時の乗り心地を向上させることにも一役買っています。基本的には、タイヤのバランスが崩れない範囲であれば、ウエルの幅が広い方がエアボリュームがより増えるので、一層乗り心地が良くなり、走行時にも快適になります。
また、ウエルは表側寄りに配置されるのが好ましいとされていますが、裏側寄りにあるリバースホイールのタイヤは標準ホイールのものに比べて、オフセット設定の自由度が高くなります。そのため、走行性や実用性だけなくファッション性を意識する人にとっては、カスタマイズの構想を練る上でも重要な部分です。

最近の投稿