油圧警告灯のトラブル

| 未分類 |

車を運転中にコンパネにランプが点灯する場合があります。多くはエンジンキーをオンにすると点灯し、エンジンを始動すると消えるのが正常です。これらは警告灯と呼ばれ、運転中にランプが点灯し続ける場合は何らかの故障が起きている事を示します。ほとんどの車種で共通していますが油入れの容器からオイルが垂れているような図柄のランプがあります。このランプが点灯した時は油圧が正常ではないという警告です。通常、エンジンが動いている間はエンジン可動部の潤滑の為に、エンジンオイルをポンプで圧縮して送り潤滑部へ送られるようになっています。この油圧が正常にかかっていないと警告ランプが点灯します。オイルは交換すると言う表現を使いますが、実際には少しずつ燃焼して減ります。長期間オイル交換をしないと、オイルは徐々に減り、油圧が効かない状態となり、最終的にはエンジンが焼き付いてしまいます。またオイルパンが破損してオイルが空の状態になった際にも同様に警告灯が点灯します。このような時にはまずオイルゲージでオイルの量を確認し、足りなければ継ぎ足して修理工場に向かいます。しかしオイルパンが空の場合はエンジンを止めて救助を呼びます。エンジンが焼き付いてしまうと致命的な故障となるからです。

最近の投稿