自動車の警告灯とは、自動車に異変が生じた際に点灯するものです。ただしすべての異常が発生した時に、絶対にこれが点灯すると言うわけではありません。しかしかなりの異常に対して、かなり高い割合でこれは点灯します。ですから点灯した警告灯が何を意味しているのか、ある程度知っておくことは、重大な被害の発生を防ぐことにもつながります。基本的に警告灯が点灯した場合は、整備工場などでメンテナンスが必要になることが多いです。しかし一方で、自分で対処できるトラブルもあります。その代表がシートベルトを装着しないでエンジンをかけた場合に点灯するものです。この警告灯を消すためには、これをきちんと装着するしか対策方法はありません。それからドアが半ドアであることを知らせてくれるものです。この場合、ドアが故障していると言う可能性も否定はできませんが、運転席だけでなく助手席や、子供さんが後部座席に座っている場合はそこのドアが半ドアである可能性が高く考えられます。きちんとドアを閉めて下さい。またガソリンやワイパーのウォッシャー液が不足している時にも、それを示すための警告灯が点灯します。ウォッシャー液は勿論のこと、特にガソリンは自動車を走行させるためには必ず必要なものです。ガス欠になって自動車が動かなくなると、周囲にも迷惑をかけることにもなるので、この場合は速やかにガソリンスタンドに向かって下さい。

最近の投稿