充電警告灯のトラブル

| 未分類 |

車の運転席部分にあるインジケータパネルには、車の異常を知らせる様々な警告ランプが備えられています。
日常車を使用していて、特に違和感を感じなくても、警告灯が点灯することがあるので、その箇所の点検を速やかに行なうことが大切です。
充電警告灯は、車のバッテリーや充電機能に異常がある場合に点灯するものです。警告灯が点灯した際には、まずバッテリー液が十分にあるかどうかを確認する必要があります。
バッテリー内の端子がバッテリー液に十分に浸っていない状態ではバッテリーが正常に充電されず、バッテリーあがりのトラブルを起こしてしまいます。
また、充電容量が十分でないという場合もあり、例えば各ランプ類がいつもより暗くなったり、イグニッションの動作に違和感があるなど、体感できる異常が発生することがあります。
こうした場合にはガソリンスタンドなどでバッテリーを充電すると症状が回復することがほとんどですが、まれにオルタネーターの異常によって警告灯が点灯する場合もあります。
症状が改善しないという時には、ディーラーなどの専門店に相談する方が確実です。
バッテリーは使用しているとどんどん劣化してくるので、定期的に新しいものに交換するのも有効な方法です。

最近の投稿